多種多様な創意工夫で楽しい倹約のエッセンス

多種多様な創意工夫で賢く暮らそう。日々が楽しい倹約法のエッセンス

 

家電の内でも特に電気代が心配になる物の一つが空調です。

 

倹約したい時には、いったい何に気を付ければいいでしょう?

 

例を挙げれば、ろ過機を外して掃除する他、ファンも混用していくといった手段については一般に知られたものでしょう。

 

短時間のうちに何度もエアコンの電源をつけたり切ったり反復する行動は、倹約と言う観点では逆効果と言えます。

 

起動してからの60分こそ、全体の中でもっとも電力を要する為です。

 

このことから、直ぐに戻る時は点けたままの状態が結果としてリーズナブルです。

 

節電を図ろうとして空調機器の使用をガマンしようと言う意見もあります。

 

それでも、さすがに暑苦しい夏ですと熱中症を予防するためにも必要なアイテムでもあります。

 

運転する場合にカーテンを閉じて居室の保冷性に留意するなど、上手に使っていきましょう。