シャンプー選びの重要性とウーマシャンプーのおねだり

毎年、春から夏にかけて季節の変り目である5〜6月は空気が乾燥したり、気温が急に上がって汗を大量にかいたり、近所に生えている植物の花粉でアレルギー症状が出てくることもよくあります。

 

今年は例年になく、肌のトラブルがおきたり、頭皮のかゆみもひどいので、ここ数ヶ月使用していなかったアレルギーの患者さんがよく使っていると聞く「乾燥性敏感肌を考えたキュエル」のシャンプーを使うことにしました。

 

春は、学校行事に出かけることも多く、学校に到着するまでにかいた汗がにおったらどうしようと心配になり、ここ2〜3週間、少し香りの残る女性用のシャンプー(ラックス)を使っていました。

 

ラックスのシャンプーは、学生時代から愛用しており、かゆみもなく慣れているシャンプーなので問題ないのですが、キュエルのシャンプーに切り替えたとたん、一夜にしてかゆみが消えました。

 

キュエルのボトルに書いてある「フケ、かゆみ、乾燥頭皮トラブルを防ぐ」が症状にぴったり効いたのでびっくりしました。

 

子どもにはシャンプーだけを使用していたのですが、今回は思い切ってコンディショナーも追加し、両方つかってすっきりしました。キュエルのシャンプーは、弱酸性・無香料・無着色であり、なんとなく安心して使っています。

 

200mlのタイプは手のひらサイズで、旅行にも持っていきやすい大きさです。家で使っているのは420mlのボトルで、ポンプ式となっています。

 

詰め替え用も売っているので、薬局でまとめ買いをしています。ボトルは1000円ほどしますが、詰め替え用は800円くらいなので、若干割安です。

 

ボトルにこだわらないお友達は、100均で自分の気に入ったボトルを買い、そこに詰め替え用のシャンプーを入れて使っているそうです。

 

透明なボトルだと中が見えるので、詰め替え時期が分かりやすくて便利みたいです。我が家は人数が多いので、種類が分かるようにキュエル本体のボトルを使用しています。

 

旦那は最近を気にしているので頭皮に優しいシャンプーに興味があるようです。馬油が入ったウーマシャンプーという育毛シャンプーがあるのですがそれを買ってもいいか?っておねだりされました。

 

やっぱり育毛シャンプーとなるとお値段もなかなかのものですが、旦那一人で使うだけだし、本人がそれで満足してくれるならとオッケーを出したところです。

 

シャンプーに関しては石油系よりアミノ酸系がいい事はわかってますが、アミノ酸系のシャンプーはそれを見越してか異常にlt赤いものが多い気がします。

 

なので費用対効果を考えてシャンプー選びは慎重にしたいものですね。